×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



コスプレ系飲食店LINK集

コスプレ系飲食店(コスプレけいいんしょくてん)とは漫画やアニメを中心としたサブカルチャー、とりわけおたく文化を取り入れ、店員がコスプレをして接客を行う飲食店である。喫茶店ないしは居酒屋などを業態とする物が多い。 特に女性店員がメイドのコスプレを行って接客する喫茶店を特にメイド喫茶あるいはメイドカフェと呼び、男性店員が執事のコスプレをして接客する飲食店を執事喫茶と呼ぶ。女性店員が男装のコスプレをして接客を行う王子喫茶やギャルソン喫茶もある。 メイド喫茶のメイドはアニメ、ゲームに登場したキャラクターが元になっているといわれている。また衣装としてのメイド服は19世紀末に英国に実在したものが映画、アニメ、ゲームなどに取り入れられディフォルメされたという説もある。メイド喫茶ではお客を「ご主人様」、「お嬢様」としてメイドが給仕する。 サービスコンセプトとしては「癒し」をテーマにした店舗や「萌え」をテーマにした店舗など、様々である。店員とのコミュニケーションも魅力のひとつとなっている。近年はメイド服以外にも巫女、シスター、女子高生、ゴスロリなど様々なコスチュームや世界観を持つ店舗が登場している。アルコールを提供する居酒屋、バーやマッサージを行うリフレ店の形態を取る店舗も増えている。 コスプレ系飲食店が登場した当初は秋葉原に出店が集中していたが、次第に首都圏の各主要駅付近や全国の都市へも拡大している。また、「ぴなふぉあ」はタイのバンコクに出店したこともある。

2001年3月、ゲーマーズスクエア店の運営権がブロッコリーからコスプレ衣装製作会社「コスパ」とその関連会社に委譲された。それとともにカフェ・ド・コスパも3月30日に「CURE MAID CAFE(キュアメイドカフェ)」へとリニューアル、ウェイトレスの制服をメイド服に統一し落ち着いた雰囲気のある空間と「癒し」をコンセプトに運営されることとなる。こうして「メイド喫茶(メイドカフェ)」という新たな業態ができた。 この業態を定着させたのが、「Cafe Mai:lish(カフェ・メイリッシュ)」である。2002年7月19日、パソコン専門店T-ZONEの直営店として「Mary's(メアリーズ)」として開店したこの店は店員の制服が昼はメイド服、夜はコスプレ衣装という形態をとっていた(現在も時間、曜日によりメイド服とメイド服以外のコスプレを併用している)。参加型イベントも多数行なうなどして支持を得て成功した。この店舗が軌道に乗り始めた頃、アキバ文化がマスメディアに取り上げられるようになり一般にも広く知られるようになった。以後さまざまなコスプレ系飲食店が秋葉原で急増する。尚、「お帰りなさいませ、ご主人様」というメイドが主人を出迎える(見送る)というスタイルを実践した店舗は、名古屋・大須の「M's Melody(エムズ・メロディ)」(2002年9月13日開店)が最初であるという説もある。 メイド喫茶が急増した理由としては、以下のような要因が挙げられている。 * アニメ・ゲームなどのサブカルチャーが成長・成熟しメディアに取り上げられたこと。 * 従来のアニメ・ゲームなどで登場している「メイド」を、店員としたことで幅広い世代に受け入れられたこと。 * 飲食店として風俗産業とは一線を画し、比較的穏健な取扱いがなされたこと。 * 喫茶店であるため、少ない資本で開業できたこと。 * 特定の(アニメなどの)キャラクターに依存せず、著作権関係の制約がほぼ無かったこと。 特に秋葉原では以下の背景により、メイド喫茶が急増したとされる。 * PCの街からコンテンツの街への移行時で秋葉原のシンボル的な施設として捉えられオタクに加えサラリーマン、観光客、女性など多くの人が秋葉原のメイド喫茶を訪れるようになった。 * 萌えブーム以前の秋葉原のテナントは空きテナントが多く、また坪単価が比較的安かった(坪単価1万円以下もあった)。 * オタクの街であった秋葉原に女性の雇用を創出し、飲食店という枠組みでメイド希望者も集まりやすかった。 お客を「ご主人様(旦那様)」、「お嬢様」として扱うメイドの接客が斬新で多くの人の支持を得たことやサブカルチャーの台頭と連携できたことも大きい。 ングローブ林は、亜熱帯上部、たとえば九州ではせいぜい2mの高さのところもあるが、熱帯地域では30mに達するものがある。また、特有のつる植物もあり、場所によっては若干の草本も出現する。

それまで店員の制服や店舗のコンセプトはアニメ・ゲーム系のコスプレまたはメイドがメインの状態だったが、さらにジャンルの広がりが見られるようになった。 過去には名古屋・大須に「大須の巫女茶屋(2003年2月〜11月)」というメイド同様にコスプレの一ジャンルであり、ゲームでもしばしば登場する巫女をコンセプトとした店舗があった。また、名古屋には「やすらぎ居酒屋 月天・がってん」(前身の「飲食夜神 月天(いんしょくやしん がってん)」から店名変更)という巫女が接客する居酒屋もある。 近年では萌え属性の一つである「妹萌え」に着目した「妹系カフェ NAGOMI(いもうとけいカフェなごみ)」、シスターや教会をイメージした「St.GraceCourt(セントグレイスコート)」が秋葉原に、店舗を魔法学校であるというコンセプトの元に営業を行っている「王立アフィリア魔法学院」が池袋にできている。2008年6月12日には秋葉原に「巫女さんかふぇ」が開店、店舗自体が神社というコンセプトでイベントスペースも併設していた(2009年1月25日閉店)。 池袋には男装した女性スタッフによるボーイズラブをコンセプトに据えた(実際は男女カプ系の乙女ゲームに近い)「B:Lily-rose(リリーローズ)」、メイドとともに扱われることがある執事をコンセプトにした「執事喫茶 Swallowtail」が開店し吉祥寺にも2006年6月23日に「男装レイヤーズ Cafe & Bar Prince」(クロス吉祥寺3F)が開店(2007年12月31日閉店)して女性客を意識した店舗もある。 2006年6月に渋谷にスタッフ全員が外国人で外国人執事が女性客をプリンセスとしてもてなすというコンセプトの「外国人執事喫茶 BUTLERS CAFE」が開店。日本初の外国人執事喫茶である。 2006年7月15日に福岡市内に男性執事とメイドと男装執事が居る小さなお屋敷というコンセプトの「Cherish Room CLOVER」が開店、この三者が同居している店舗は珍しい。ちなみに同店はビルの12Fにあり、雑居ビルに入居することの多いメイド喫茶としてはかなりの高層階に位置している。 2007年4月1日には「ぴなふぉあ」の姉妹店として「バトラーカフェ・チェックメイト」が秋葉原に開店した(店名はコンセプトであるチェスの用語に由来)。「バトラーカフェ・チェックメイト」は2008年1月31日をもって閉店し、現在は同じ店舗で「ぴなふぉあ2号店」として営業している。 2007年11月に、ライブとオタ芸を売りとした「Dear Stage」が台東区秋葉原にオープンした。同店には「ディアガール」と呼ばれるライブアイドルが所属し、一日数回のステージとお給仕を行う。店内にはステージが設置され、お酒やお食事を楽しみながらライブを観賞したりオタ芸を打つことができる。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



Copyright (C) 2009 コスプレ系飲食店LINK集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4